筋肉の疲れを早く回復させる方法と栄養素

筋肉の疲れを早く回復させる方法と栄養素

 

ダイエットでは、脂肪の燃焼効果を高めてくれる筋肉を増やすことが重要です。そのためには、有酸素運動や筋力トレーニングなどが有効ですが、そこで使われる筋肉の疲れを早く回復させることも大切です。

 

筋肉の疲れを早く回復させる方法としては、アミノ酸や抗酸化物質が豊富に含まれているビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどの栄養素を積極的に摂取することが効果的なようです。これらの栄養素には、筋肉が脂肪に分解されるのを抑え、筋肉の疲労を軽くしてくれるとともに、その修復も早めてくれます。

 

また、有酸素運動や筋力トレーニングを行うと、体の中に活性酸素が発生しますが、その活性酸素からの細胞へのダメージを大きく軽減してくれる効果もあります。特に、ダイエット始めた頃の筋肉痛や、筋肉の疲れなどが長く続くような場合は、これらの栄養素を積極的に摂るようにしましょう。

 

ちなみに、筋肉の回復を早める有効な方法としては、運動をした後に最大酸素摂取量の約40%くらいを消費するようなエアロビクスなどの運動をするのが効果的だと言われています。こうしたリカバリー目的での運動のための栄養素は、体の中ですぐにエネルギーに変換される糖質が最適です。

 

さらに、筋肉の疲れを回復させる栄養素として有名なのが、クエン酸です。クエン酸は、梅干しやレモンなどに多く含まれている物質ですが、最近の研究では、クエン酸には直接的な疲労回復の効果は無いそうです。

 

ただし、クエン酸を摂ると酸っぱくて口の中が爽やかになるので、心理的に疲労が回復したような感じになるかもしれません。しかし、クエン酸よりも糖質を摂取したほうが、疲労の回復効果が高いだけでなく、運動能力のパフォーマンスの回復も早くなることが研究で証明されています。

 

その他に、疲労回復能力が高いことが実証されている栄養素の1つがアミノ酸です。アミノ酸は、筋肉が脂肪に分解されるのを抑える働きがあり、また、筋肉の成長や修復を早める効果があります。さらに、寝ている時に分泌される成長ホルモンの分泌を促進してくれる働きもあります。

 

2つ目は、大きなパワーを持続させてくれる効果のある栄養素として、クレアチンがあります。クレアチンには、筋肉そのもののエネルギー量を大きくしてくれる効果があることが証明されています。

 

3つ目は、有酸素運動や筋力トレーニングなどをした後の筋肉の疲労回復を早めてくれる効果のある栄養素の抗酸化物質です。抗酸化物質は、筋肉を傷つける活性酸素の働きを抑えてくれるとともに、その修復と回復を早めてくれる働きがあります。

 

この抗酸化物質が多く含まれているのは、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどです。特にポリフェノールには、ビタミンCの約8倍もの抗酸化物質が含まれています。そして、ビタミンCとビタミンEを一緒に摂ると、さらに疲労回復の相乗効果が期待できるそうです。